メルマガ始めました!

お名前
メアド

登録すると規約に同意するものとします

詳細はこちら★
不登校の基本情報
トップページ
不登校になる子の特徴
不登校になるきっかけ
不登校児の家庭の特徴
不登校克服法
DVD紹介
今すぐできる不登校克服法
成功事例成功事例成功事例2不登校克服者の声



不登校児の進学
フリースクール
サポート校
通信制高校
不登校と発達障害
不登校と発達障害
広汎性発達障害
アスペルトゥレットLD



ADHD
お問合せなど
リンクについて














◆不登校になる子の家庭の特徴



不登校になる子の家庭の特徴ですが、統計的に見ると
まず、親が高学歴・一流企業就職 というのが多いようです。

パターンとしては、父親が大学卒で管理職、母親も高卒以上で専業主婦というのが、一番多いようです。
そして、子どもも二人以上で、第一子が不登校になる確率が60%と多いようです。
さらにこの中で第一子、長男の割合は49%になります。

つまり、中流以上の家庭で、お金や生活に余裕のある、第一子、長男が不登校になりやすいということです。

これは、親が第一子、とりわけ長男に、過度の期待をかけてしまう という事の表れではないでしょうか?

この事についても、『伊藤幸弘・不登校ひきこもり解決DVD』の中で
「過保護と過干渉」という言葉で説明しています。

先ほど不登校になりやすい子の特徴として「愛情不足」の話をしましたが、 「愛情」が不足していると感じるの「お子さん」です。 親が子どもの為と思って、

「いい高校」
「いい大学」
「一流企業に就職」

と思って、塾に行かせたり、私立の学校に行かせたりしても、親にとっては「愛情をかけている」かもしれませんが、子どもにとっては「大きなお世話」かもしれません。

逆に

「お友達と同じ高校に行きたかったのに、パパは僕の話を聞いてくれなかった」
「お友達といっぱい遊びたいから塾を辞めたいのに、辞めさせてくれない」

とか、親に対する不信感につながり、悪循環です。

子どもの為と思って、親が勝手に行っている事は「愛情」ではなく
子どもにとっては「過干渉」
つまり、「口うるさい」だけの可能性もあるのです。

そして、子どもの声に耳を傾けず、

「塾に行きなさい」
「勉強しなさい」

あるいは

「早く寝ない」
「ゲームばかりしない」

などなど言っていると、子どもは「親には何を言っても無駄」と思い、
学校での話し、お友達の話、あるいはたわいもない日常の会話すらしなくなり・・・
先ほど、いじめの例を挙げましたが、何かトラブルがあったときも
親にいえず、勝手にマイナスの気持ちになり、不登校・ひきこもりになってしまうのです。



是非、専門家の意見を取り入れて、不登校を克服して下さい。



▲TOPへ