◆起立性調節障害について



「起立性調節障害」という言葉をご存知ですか?

大きな特徴は下記です。

1.朝なかなか起きられず午前中調子が悪い
2.倦怠感
3.腹痛
4.頭痛
5.立ちくらみやめまい
6.起立時の気分不良や失神
7.入浴時や嫌なことで気分不良
8.動悸や息切れ
9.顔色が青白い
10.食欲不振
11.乗り物酔い

上記の特徴うち3つ以上当てはまる場合は、「起立性調節障害」の可能性があります。

実は、小学校の高学年から中学生でよく発症する病気です。
その特徴が、「怠け」としか見れず、ついつい親はイライラしてしまいますが、実はちゃんと病名があるんです。
そして、その原因が、

・自律神経である「交換神経」と「副交感神経」のバランスの乱れ
・ストレス


つまり、小学校の高学年から勉強や友人関係などいろいろなストレスをかかえることにより、「起立性調節障害」になってしまう可能性が高いということです。

あるいは、いろいろなストレスから、夜寝付けず、ゲームやスマホばかりなどしてしまい、自律神経のバランスを壊してしまい「起立性調節障害」になってしまった という可能性もあります。

いずれの場合も、まず、子どものストレスを軽減することを考えます。

その方法は、こちらの『伊藤幸弘・不登校ひきこもり解決DVD』に載っていますので、参考にしてください。

それと平行して、病気ですから、当然、病院で治すことも考えてください。

病院は、精神科や心療内科ではなく、小児科の受診がいいようです。
たくさんの子供の体調をみてきた小児科医は、起立性調節障害についての豊富な知識を持つ人が多いといわれています。ですので、中学生や高校生でも小児科に行くのがいいようです。

ただ、お子さんの中には、「病院には行かない」と頑なになっている子もあると思います。
その場合は、自宅で下記の事を心がけるのもいいようです。

・起床と就寝の時間を3日ごとに30分ずつ早める
・1日約1.5〜2リットルの水分を摂取する
・1日約10〜12グラムの塩分を摂取する
・いきなり立ち上がらない
・立ち上がるときは、30秒以上足踏みをしてからゆっくり立つ
・歩くときは、はじめに頭を前にかがめる姿勢をとる
・温度の高い場所で過ごさない
・体調が悪くても、なるべく横にならない
・夕方など体に負担がない程度に軽い散歩をする
・体調がよい午後は、できるだけ登校、出勤して活動を心がける
・むくみ防止用の靴下をはく
・夜9時以降のテレビ、ゲーム、スマホは控える

また、今は、「起立性調節障害」に有効な サプリメントというものもあります。
実際に医学的に効果が証明されていますし、これなら、処方箋もいらないので、気軽に購入して飲ませることができます。


▲TOPへ