メルマガ始めました!

お名前
メアド

登録すると規約に同意するものとします

詳細はこちら★
不登校の基本情報
トップページ
不登校になる子の特徴
不登校になるきっかけ
不登校児の家庭の特徴
不登校克服法
DVD紹介
今すぐできる不登校克服法
成功事例成功事例成功事例2不登校克服者の声



不登校児の進学
フリースクール
サポート校
通信制高校
不登校と発達障害
不登校と発達障害
広汎性発達障害
アスペルトゥレットLD



ADHD
お問合せなど
リンクについて






◆不登校 克服法



ここでは不登校の克服された方々のお手紙やその克服方法を、私なりの解釈を加えながら説明していきたいと思います。
きっと、お子さんの不登校克服にもつながると思います。
是非、参考にして下さい。

これは『伊藤幸弘・不登校ひきこもり解決DVD』の販売元の事務局さんからのメルマガの内容です。
その方は、Tさんといい、DVDを購入後、伊藤先生と面談をされた方で、家庭内暴力で非常に悩んでいました。 そんなTさんからいただいたお礼の手紙の中に、

「伊藤先生とお話させていただいてからは、
なるたけ、息子の要求に応えてあげるようにしました。
息子が望むままに、遊園地やボーリングにも2・3回行きました。
それに、●●公園の周りを何十周したでしょう・・・

そんな事を毎日つづけていましたら、
半月してから、子どもの顔つきもやわらかくなってきて、
それ以上に、私の気持ちがとても楽になったような気がします。
暴力も収まり落ち着いてきました。」


『●●公園の周りを何十周したでしょう・・・』

この一文から、お子さんの要求に、ただ純粋に応えてあげた という親の気持ちがわかります。この気持ちがとっても大事だと思います。
きっと車でドライブをしていたのだと思います。
紅葉がきれいだったのか、景観が気に入ったのか 「公園の周りを回って」とお子さんが言ったのでしょう。 それに応えて、「公園の周りを回る」 それは普通の事ですよね。

ここで、大事なのは「何十周」という一文です。

私なら1周でやめてしまいます。
あるいは1周した後に「この後どこにいく?」など公園の周りを回ることをやめるような言葉を言うと思います。
子どもがそれでも「まだ公園の周りを回る」といえば、 数周は付き合うと思いますが、その後に

「もう暗いから帰ろう」
「ご飯の準備があるから帰ろう」
「あと、何周回ればいいの!!(怒)」 

というような事をいってしまうと思います。
これでは「子どもの要求に応える」にはならないですよね。

そうすると、その日一日、親は子どもに付き合って、子どもの要求に応えてあげた と思うのですが、子どもにしてみれば、最後の最後で「帰ろう」と言われて、 「やっぱり親は僕のいう事は聞いてくれない」と思うのです。

「子どもの要求に応える」という事は、「子どもを認めてあげる」ことです。
それは、親子の信頼を強めることでもあり、子どもの自信にもつながります。

きちんと親の後ろ盾があり、自信を持っている子は、多少、学校でトラブルがあっても、解決できるものです。
不登校克服には、まず、親子の信頼関係を築くことから始めましょう。

是非、専門家の意見を取り入れて、不登校を克服して下さい。




▲TOPへ